ネット副業としてのFX

FXトレードをする時にはいくつか理解しなければならないキーワードがなります。まずその一つとして円安と円高があります。簡単に言いますと円安とはドルに対して円の価値が安くなるということです。円高はその逆です。

この基本的な概念を理解していないとさすがに為替取引というのはそもそも原理を理解していないということになってしまうのでまずそこを理解するようにしましょう。
そして、FXでもう一つ大事になるのが、2WAYプイラスとスプレットです。

FXは外国為替証拠金取引ということになるわけですが、このときの為替レートにはスプレッドという開きがあって買値と売値が異なることになります。その異なる部分が業者の利益になるともいえるのですが、これを2WAYプライスと呼ばれています。買う時の価格はAsk、売るときの価格はBidと呼びます。基本的な用語としてこれはしっかりと理解しておかなければならないことです。

もう一つ大事なのがスワップ金利と呼ばれるものです。株式取引のようなものも含めて相場取引に全般的に言えることですが利益を出す方法というのに最も大きいリターンを期待できるのが差益です。

つまりは売買した時に発生するその差で利益が出るということです。この差益をFXでも当然、狙うことができます。むしろ、多くの人がそれをメインに狙っていることでしょう。

しかしもう一つあるのは金利収入というものでありそれをスワップ金利とFXではいいます。
基本的に日本円が絡んだ通貨ベアでは毎日買いポジションを持っていますとスワップ金利が入ることになります。逆に売りポジションの場合にはスワップ金利を支払う必要性がありますので注意しておきましょう。

高金利通貨と呼ばれる政策金利の高い通貨をロングポジションで持っていますと比較的大きなスワップ金利が毎日えられるということになりますので、それだけでどうにか利益を確保しているというやり方をしている人もいます。

何も売買をすることによってしか利益を得ることができないというわけではない点もFXのよいところといえるでしょう。
FXでもう一つ、知っておく必要性があり、そして気をつけないといけないことにレバレッジがあります。

これがFXの良いところでもあり、怖い部分でもあるからです。
これは要するに信用取引の倍率であり、自己資金以上の取引ができるようになります。
日本では25倍までが限度ではありますが分限を守ってやるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする